投稿日:2014年01月21日

熱田神宮の言い伝えや伝承を時代ごとに紹介しています。
このページでは奈良時代(710-794)のものをピックアップ。

楊貴妃のかんざし

熱田神宮には、傾城の美女として知られる楊貴妃(719-756年)の伝説があります。 唐の玄宗が日本を攻めようとしたとき、日本の神々が相談の結果、熱田大神が楊貴妃として生まれ、玄宗を思いとどまらせた、というのが伝説のあらましです。

安禄山の乱によって楊貴妃がなくなると、熱田大神に戻って熱田の地に戻ってきたということです。 その後、海上の仙人の山(蓬莱)に楊貴妃がいると聞いた玄宗は、方士を派遣します。 方士は熱田が蓬莱と考えて春敲門を叩き、楊貴妃に玄宗の思いを告げます。楊貴妃は、螺鈿の小箱と金のかんざしを形見として方士に渡しました。

蓬莱宮

なぜこのような伝承があるのかというと、熱田は、その昔、景観から、徐福の上陸した「蓬莱」とも呼ばれていたためです。そこへ、白居易の長恨歌の内容が結びついた伝承と考えられます。

楊貴妃の石塔

熱田神宮境内の清水社に、湧き水があり、その中に石が置かれています。それが、かつて境内に存在したという「楊貴妃の石塔(五輪の塔)」の一部とも言われます(参考URL)。 楊貴妃の墓とも呼ばれていたようです。

清水社

また、清水社には平安時代から鎌倉時代にかけて活躍した平景清の伝承もあります。
posted by nagoyasanpo at 12:01 | Comment(0) | 熱田神宮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。