投稿日:2014年06月05日

長さ22.7km

日進市の名古屋商科大学の三ヶ峯下池を水源地にして、日進市、名古屋市天白区、瑞穂区、緑区、南区、港区を流れ、名古屋港へ注ぐ22.7kmの「二級河川」です。

氾濫

江戸時代は米野木川と呼ばれていたとのこと。古くからたびたび氾濫を起こしており、天白区内に残る史跡にも氾濫の痕跡をとどめています。

サイクリング

天白川はサイクリングが楽しめます。中流域では、何年も工事をしている部分があるため、迂回が必要になる部分もあります。

上流

上流
日進市の名古屋商科大学近くの様子です。
とても小さな流れです。
周囲の緑も豊かです。

中流

中流
地下鉄原駅周辺。
どちらかというと、上流に近い部分。

植田川との合流地点

gouryuu.jpg
島田周辺。
植田川との合流地点となっています。

下流

下流
港区の名古屋港に近いあたりまでくると、天白川は堂々たる川の流れとなります。

名港トリトン

toriton.jpg
港区と東海市にある名港トリトンからのぞむ天白川。
※ストリートビューの写真です。

地図


大きな地図で見る
posted by nagoyasanpo at 13:40 | Comment(0) | 散策コース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: