投稿日:2014年07月28日

尾張藩の時代に焦点を当てる

名古屋の歴史といっても、古くは石器時代や縄文時代にさかのぼりますが、「尾張なごや傑物伝―宗春がいた、朝日文左衛門がいた」は、尾張藩が治めていた江戸時代に焦点を当てています。宗春という全体像を掴みにくい人物についても上手くまとまっていて、名古屋の歴史を知るためのおすすめ本のひとつです。

書籍情報

【詳細】
尾張なごや傑物伝―宗春がいた、朝日文左衛門がいた
千田 龍彦 (著)
単行本: 230ページ
出版社: 風媒社 (2011/08)

陰に隠れがちな尾張藩の歴史

一般的には、名古屋の歴史と言うと、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康といった三英傑や、前田利家、加藤清正といった部下達のイメージが強くあるような気がします。尾張藩の時代は、その派手な武将たちの影に隠れがちですが、「尾張なごや傑物伝」はその時代から魅力を上手く引き出しています。

徳川宗春、朝日文左衛門、名古屋城、清洲の歴史

具体的には、現代の名古屋の街の基礎を創ったともいわれる尾張藩7代藩主・徳川宗春と、「鸚鵡籠中記(おうむろうちゅうき)」という元禄期の貴重な記録を書き記した朝日文左衛門の二人に、木曽ヒノキや狩野派の絵師など名古屋城をめぐるエピソード、名古屋の前身都市であった清洲の歴史をピックアップしています。

濃密で興味深いエピソードが満載

長い名古屋の歴史のほんの200年間あまりにスポットを当てただけで、これだけ濃密で興味深いエピソードが出てくることに驚きを感じます。享保の改革と呼ばれる緊縮政策を推進した徳川吉宗に対抗し尾張藩に繁栄をもたらした徳川宗春については、大河ドラマ化を願う声も多くあり、宗春ロマン隊という活動もあります。
タグ:江戸時代
posted by nagoyasanpo at 19:04 | Comment(0) | 徳川宗春
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。