投稿日:2014年09月08日

ドニチエコきっぷで史跡めぐり

「ドニチエコきっぷでめぐる名古屋歴史散歩」は、一日乗車券の「ドニチエコきっぷ」を利用して名古屋の歴史を散策しようという趣旨のガイドブックです。各テーマごとに名古屋市内の史跡や名所を見て回れるコースが設定されています。

書籍情報

【詳細】
ドニチエコきっぷでめぐる名古屋歴史散歩
中山正秋(著)
単行本: 110ページ
出版社: 風媒社 (2008/05)

詳細な歴史ガイド

著者は、名古屋市内の高校で歴史を教えるかたわら「名古屋なんでも情報」というブログを運営しており、名古屋城のガイドボランティアもされているとのこと。かなりマイナーなスポットも紹介されているので、地史に興味をお持ちの方に向いているかもしれません。

おすすめルート

個人的におすすめだと思ったルートは、荒子観音、秀吉清正記念館、名古屋城などの戦国武将たちの足跡巡りや、徳川園、白鳥庭園などの名古屋名園巡りでしょうか。読んでみると、戦災でおびただしい遺失があったとはいえ、まだたくさんの歴史スポットが残っていることが分かります。観光資源として活用しきれていないのが現状のようです。

ドニチエコきっぷとは

名古屋市交通局の「ドニチエコきっぷ」は、土、日、祝日及び毎月8日(環境保全の日)は、大人600円、小児300円でバス・地下鉄が一日乗り放題になります。「ドニチエコきっぷ」は地下鉄の駅改札窓口や市バスの車内で購入できます。
posted by nagoyasanpo at 19:19 | Comment(0) | 読書感想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: