投稿日:2017年09月04日

七寺(ななつでら)

名古屋市中区大須の富士浅間宮の路地を南の方へと向かうと、大須通り沿いに、「七寺(ななつでら)」という一風変わったお寺があります。

大須通り

長福寺

七寺(ななつでら)は、正式には長福寺といいます。全体としてこじんまりとしたお寺です。

清洲越し」によって移転

七寺(ななつでら)は、1611年、徳川家康の「清洲越し」によって清須から現在地に移転されました。
清洲越しの移転前には、七つの仏閣を持つ七堂伽藍があったことから、七寺と呼ばれていたとのこと。

七寺

重要文化財も

七寺は、かつては尾張徳川家の祈願所となり、戦前までは大須観音よりも賑わっていたお寺だそうです。しかし、空襲によって、旧国宝だった本堂などの建物群がすべて失われ、そのまま再建されなかったとのこと。
現在は、重要文化財の仏像があります。

大日如来坐像

七寺の境内には、戦火で被災した大日如来坐像があります。寛政年間に制作されたとのこと。高さ2.7メートル。

戦争遺跡として

大日如来坐像は、戦争の記録でもあります。 戦時中には、空襲の際に溶け落ちたためか、継ぎ接ぎになっています。

大日如来坐像

詳しいレポート

大日如来坐像の詳しいレポートはこちらのブログなどでも紹介されています。

荼枳尼天

大日如来坐像のすぐ両脇に、小さな鳥居があります。神仏習合のようにも見えて、なかなか興味深い風景です。

稲荷

もっとも、ここのお稲荷様は、神道系の宇迦之御魂神ではなく、豊川稲荷(仏教)の荼枳尼天(だきにてん)のようです。

荼枳尼天
posted by nagoyasanpo at 22:54 | Comment(0) | 大須
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。