投稿日:2020年09月25日

鎌倉街道が通る

天白区の野並と緑区の古鳴海の付近は、かつて鎌倉街道が通っていました。 鎌倉街道は、東海道より以前にあった、京都と鎌倉を結ぶ街道です。
このため、いくつかの史跡が残っています。

野並・古鳴海周辺の史跡

  • 鎌倉街道の「上の道」
  • 古鳴海八幡社、桂林寺(緑区)
  • 野並八劔社、梅野古墳群、山伏塚古墳(天白区)

鎌倉街道の3つのルート

南区・緑区付近を通る鎌倉街道には、「上の道」、「中の道」、「下の道」という3つのルートがあったようです。
野並、古鳴海付近を通る鎌倉街道は、「上の道」となります。

konarumi.jpg

「上の道」

鎌倉街道の「上の道」は、野並、古鳴海を過ぎると、嫁ケ茶屋、伝治山交差点、新海池方面へと続きます。 ただし正確な道筋は不明のようです。

野並八劔社の細道

野並八劔社の北側の門前の細道が、鎌倉街道の「上の道」とのことです。

kamakura2.jpg

藤川

「藤川」は、古鳴海と野並の間を流れる小さな河川です。天白区と緑区の境界にもなっています。 戸笠池を水源として、鳴子池につながっています。

huzikawa.jpg

年魚市潟の入り江

藤川の一帯は、戦国時代以前は、古鳴海と野並の間は年魚市潟(あゆちがた)の入り江になっていました。 「藤川」はその名残だと思われます。
かつては、干潮になるのを待って、入り江を渡ったようです。

kaibatu.jpg

新海池方面へ

海抜地図を参考にすると、新海池や成海神社の付近で東に曲がり、相原郷の浄蓮寺、諏訪社の前を通り、二村山方面へ向かうルートだったかもしれません。

kamakura.jpg

鳴海宿はどこか

鎌倉街道には、東海道同様に、宿(しゅく)と呼ばれる宿場がありました。 その数63宿とされ、鳴海にも宿があったとされます。
旧鳴海宿の場所は不明ですが、古鳴海の周辺という説もあります。

参考>鳴海の台地...「宿」を追って

地名

古鳴海

江戸時代に東海道が整備され、鎌倉街道が使われなくなると、「鳴海村」も、鎌倉街道から東海道へ移りました。 古鳴海の地名は、その名残と言われます。

嫁ケ茶屋

古鳴海八幡社の近くにある「嫁ケ茶屋」の地名は、鎌倉街道にちなむ名前です。 天正年間、街道沿いに茶屋があり、その妻が美人だった、という逸話もあります。

古鳴海八幡社

古鳴海八幡社は、もともと神明社がありました。 八幡社は別の場所にあり、地図の「旧社地」の付近にありました。

hatiman.jpg

風格を感じる神社です。

神明社と八幡社を合祀

神明社と八幡社を明治42年に合祀して、現在の八幡社になったとのことです。

hatiman1.jpg

石神社

古鳴海八幡社には、摂社として、石神社も祀られています。 由緒書の看板によれば、かつては山神社と呼ばれ、嫁ケ茶屋にあったようです。
石神社には、ヤマトタケルが鳴海から陸路で大高に向かう際、祈願したという伝承があります。

hatiman3.jpg

hatiman2.jpg

山神社と呼ばれていたことから、山ノ神信仰が付近にあったようです。

桂林寺

八幡社の北側に桂林寺があります。 古くからある寺で、昭和17年(1942年)に薬師山桂林寺となる前は、薬師堂だったとのことです。

野並八劔社

野並八劔社は、熱田神宮の別宮・八剣宮(はっけんしゃ)から勧請した神社とのことです。 いつからあるのかは不明です。

hakken.jpg

hakken2.jpg

野並交差点の近くにあります。

熱田神宮の八剣宮とは

熱田神宮の八剣宮は、摂社の中でも別格の扱いとなっています。 武家の信仰が篤く、織田信長、徳川家康にもゆかりがあります。

千秋家の所領

かつて野並の一帯は、織田信長の時代以降は、熱田神宮の大宮司家・千秋家の所領でした。 野並八劔社の創建と関係があるのかもしれません。

鎌倉街道

前述のように、野並八劔社の北側の小道は鎌倉街道の跡のようです。

kamakura1.jpg

梅野古墳群、山伏塚古墳

野並八劔社の近くには、梅野古墳群山伏塚古墳といった古墳があります。

hakken1.jpg

境内の盛り上がった部分に摂社が並んでいます。 この場所も、ひょっとしたら古墳かもしれません。

関連記事



posted by nagoyasanpo at 23:37 | Comment(0) | 鎌倉街道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。