投稿日:2020年09月28日

旧東海道は、南区呼続から、瑞穂区内を通って、熱田区の宮宿へと続きます。
東海道沿いには、史跡が多く残っています。

東海道沿いの史跡

  • 山崎橋
  • 井戸田薬師の石柱
  • 秋葉神社
  • 師長橋
  • 東ノ宮神社
  • 浜神明社


map.jpg

山崎橋

「山崎橋」は、旧東海道が通る橋です。
尾張名所名所図会にも描かれています。

yamazaki1.jpg

石柱

山崎橋の南区側に、石柱があり、欠けた跡があります。 こちらの記事によると、これは戦時中に爆弾が直撃したためだそうです。

yamazaki.jpg

井戸田薬師の石柱

山崎橋の瑞穂区側にも2本の石柱があります。 石柱には、「是より井戸田薬師四町半」と刻まれています。

idota.jpg

井戸田薬師

井戸田薬師とは、近くにある龍泉寺のことです。 源頼朝の生誕地という伝承があります。

源頼朝の生誕地を龍泉寺に訪ねる

秋葉神社

山崎橋のたもとの両岸に、秋葉神社が祀られています。川の両岸に秋葉神社が位置するのは珍しいかもしれません。

河岸町側の秋葉神社

瑞穂区・河岸町側の秋葉神社は、堤防沿いにあります。 金毘羅宮も祀っています。

akiba.jpg

参考記事1

南区側の秋葉神社

南区側の秋葉神社は、河岸町側の対岸の堤防にあります。 詳細については不明です。

akiba1.jpg

参考記事2

師長橋

年魚市潟(あゆちがた)があった戦国時代以前は、呼続の付近は「松巨島」の北端にあたります。 鎌倉街道は、呼続から、山崎川の師長橋を渡って、井戸田方面へと続いていました。

kamakura.jpg

師長は藤原師長のことで、謫居跡が近くにあります。
藤原師長の伝説が残る井戸田の土地

東ノ宮神社

明治元年(1868年)、明治天皇は遷都のため、岩倉具視らとともに京都から東京へ移動する途中、 当時の藩主徳川慶勝に、稲の出来具合いを尋ねて、収穫作業を見守ったといいます。
これを記念して、東ノ宮神社が創建されたとのことです。

higasinomiya.jpg

浜神明社

浜神明社は、国道一号線沿いの、ダイソーの裏手にあります。
かつてはこの辺りは「呼続の浜」とよばれ、渡船場がありました。 この社のある浜から、伊勢湾の向こうの伊勢神宮を拝むことができたそうです。

hama.jpg

hama1.jpg

1908年、津賀田神社に合祀されたものの、昭和15年 (1940年)に、浜神明社が再建されたとのことです。
かつては、道の向こう側まで境内だったようです。

斗帳寄進碑

碑面に慶長20年(1620年)、天照皇太神宮御神前奉掛斗帳悉池成就祈所、と彫られています。
斗帳とは、社殿の垂れ幕のことです。

hama3.jpg

対の一基は津賀田神社にあります。

月待供養碑

天正17年(1589年)とあり、市内最古の供養碑です。 名古屋市指定文化財に指定されています。

hama2.jpg

こちらの解説によると「敬白十七夜待開眼供養の所、尾州愛知郡分野住人四郎五郎、現世安穏後生善所」とあります。
月待供養は、室町時代から続く、月の出を待つ行事です。

西行腰掛石

西行の和歌を愛した者が作ったという西行腰掛石があります。 西行法師が腰掛けた際の手形が彫ってあります。

hama4.jpg

関連記事



posted by nagoyasanpo at 23:24 | Comment(0) | 東海道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。