投稿日:2020年10月06日

宮宿

熱田区の宮宿は、東海道五十三次の41番目の宿場です。 宮宿は、宮の渡し(七里の渡し)と呼ばれる渡船場があり、賑わっていました。

東海道最大の宿場町

宮宿の旅籠屋は、1843年には本陣2軒、脇本陣1軒、旅籠屋248軒を数え、東海道で最大の宿場町です。

miya.jpg

宮宿周辺の史跡

  • 丹羽家住宅
  • 熱田魚市場跡
  • 秋葉神社
  • 宮の渡し(七里の渡し)跡
  • 浜御殿跡

宮の渡し(七里の渡し)跡

東海道唯一の海路

七里の渡しは、熱田区の宮宿と三重県の桑名宿を結ぶ東海道唯一の海路です。 文字通り距離は七里(約28キロ)です。
この海路は、鎌倉時代以前から利用されていたとのこと。

zyouyatou1.jpg

常夜灯が目印になります。

常夜灯

現在、宮の渡し(七里の渡し)跡に建てられている常夜灯は、1654年に建てられた熱田湊常夜灯を、昭和30年に復元したものです。

zyouyatou.jpg

時の鐘

時の鐘は1676年に尾張藩主・徳川光友によって作られた時計です。 当時の鐘は、蔵福寺に保管されています。 昭和58年に、宮の渡し公園に復元されました。

tokinokane.jpg

陸路の場合

三重県の桑名宿までは、船旅を好まない旅人は、宮宿から佐屋街道を通って佐屋宿に行く陸路を使いました。 宮宿からは、木曽川を船で下って桑名宿へ至ります。

丹羽家住宅

丹羽家住宅は、19世紀前半の建築です。 宮宿の脇本陣の旅籠で、「伊勢久」という店名でした。 本陣とは大名、旗本などの専用宿泊所のことで、脇本陣は本陣の予備的存在です。

niwake1.jpg

niwake.jpg

「尾張名所図会」にも描かれています。

熱田魚市場跡

熱田魚市場は、昭和24年、熱田区日比野に「名古屋市中央卸市場」ができたことで、廃止されました。

uoitiba2.jpg

uoitiba3.jpg

市場跡は大瀬子公園となっており、モニュメントが残っています。

uoitiba1.jpg

熱田魚市場では、毎日朝夕2度、市場が開かれていました。

秋葉神社

大瀬子公園の表側に、秋葉神社と軻具突智社が5社も並んでいます。 これだけ狭い区域に神社が並ぶのは、珍しい光景だと思います。 熱田魚市場があった時代は、この区画は船着き場になっていて、人口密度が高かったため、とのことです。

akiba.jpg

こちらの記事も参考になります。

浜御殿

尾張藩は1624年に、七里の渡しの東側の海を埋め立てて、出島タイプの浜御殿を築きました。 1654年には、もう一つの浜御殿を築きました。 2つの浜御殿は、それぞれ「東浜御殿」、「西浜御殿」と呼ばれます。

西浜御殿

西浜御殿では、大名などを供応しました。 内装は豪華を極めていたそうです。 西浜御殿があった場所は、白鳥コミュニティセンターの北側です。 現在では看板があるのみで、跡は残っていません。

nisihama.jpg

内田町神社

看板の向かいに、内田町神社という小さな社があります。

utida.jpg

東浜御殿

東浜御殿は、現在の「宮の渡し公園」の辺りに、将軍家光の宿泊施設として建設されました。 その後は、尾張徳川家の別荘として使われていたそうです。 現在は、東浜御殿の跡は残っていません。

higasihama.jpg

関連記事



posted by nagoyasanpo at 01:55 | Comment(0) | 東海道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。