投稿日:2017年02月24日

名古屋の観光地としての魅力という問題について、日頃感じていることを、つらつらと無責任に書いてみます。

行きたくない街ナンバーワン?

最近、日本の主要な大都市の中で 行きたくない街ナンバーワンに選ばれたという記事が最近ネットで話題になっていました。そのような順位になったのは、名古屋人としては理解できなくもないのですが、その理由については、一つの原因が思い当たります。それは車社会という点です。続きを読む
タグ:観光
posted by nagoyasanpo at 01:58 | Comment(0) | 日記

投稿日:2015年02月03日

先住民の信仰

ミシャグジと呼ばれる古い信仰があります。その正体は定かではなく、柳田國男によれば、大和民族に対する先住民の信仰だったとのこと。一説によれば縄文時代からあるともいわれます。諏訪大社の祀神でもあります。

リンク

名古屋市内にも分布

ミシャグジ信仰は、東日本一帯に広くに分布しており、名古屋市内にも分布しています。「名古屋街かど歴史散歩」という本やネット検索を利用して調べてみると、いくつか見つけることができました。 続きを読む
posted by nagoyasanpo at 12:11 | Comment(4) | 日記

投稿日:2014年02月18日

名古屋市や周辺地域に残っている古墳を、サイズの順にまとめてみました。 須恵器は、5世紀中頃に朝鮮半島から伝わった新しいタイプの土器です。続きを読む
posted by nagoyasanpo at 11:14 | Comment(0) | 日記

投稿日:2014年02月14日

精進川に架けられた旧東海道の橋

新堀川のあるあたりに、かつて精進川が流れていました。精進川は明治に入ってから、運河として改修され新堀川となり、大正時代には、その跡はすでに埋め立てられていたとのこと。

裁断橋は、精進川に架けられた旧東海道の橋で、尾張名所図会にものっています。古くは、1509年の『熱田講式』にも、その名が見られるといいます。たもとにある姥堂は、延文3年(1358年)の創建というので、その頃からあると思われます。 続きを読む
posted by nagoyasanpo at 12:17 | Comment(0) | 日記

投稿日:2014年01月05日

タワーズプラザ

名駅に行くときは、名古屋JRセントラルタワーズの12・13階にある飲食(レストラン)街「タワーズプラザ」で食事をするのが管理人の定番です。

公式サイト:JRセントラルタワーズ【タワーズプラザ】 続きを読む
posted by nagoyasanpo at 16:51 | Comment(0) | 日記

大正時代の古い講堂

2013年の6月頃、NHKのローカルニュースで、瑞陵高等学校(名古屋市瑞穂区)の「感喜堂」が取り上げられていました。「感喜堂」は大正時代の古い講堂です。保存の可否をめぐって、知事や市長が現地を視察に訪れていました。

感喜堂

感喜堂1続きを読む
posted by nagoyasanpo at 12:06 | Comment(0) | 日記

投稿日:2014年01月03日

井戸田に残るもう一つの伝説

1177年に、名古屋市瑞穂区の井戸田の地に、藤原師高、師経、師平という3人の公家の兄弟が流されてきました。師高らが、比叡山延暦寺の末寺と紛争を起こしたためでした。

鹿ケ谷の陰謀

ちょうどその頃、平家打倒をもくろんだ「鹿ケ谷の陰謀」が平清盛に知られるところとなり、首謀者の一人、師高の父で後白河法皇の近臣だった西光は斬られました。 続きを読む
posted by nagoyasanpo at 16:50 | Comment(0) | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。