投稿日:2015年12月04日

名古屋を舞台にしたラノベ

名古屋を舞台にしたラノベはまだ少ないのですが、人気が高いものもあります。 たとえば、織田信奈の野望です。戦国時代が舞台設定となっていますので、名古屋が舞台というと語弊があるかもしれませんが、ところどころ名古屋ネタが出てきます。続きを読む
posted by nagoyasanpo at 02:19 | Comment(0) | 小説

投稿日:2015年06月07日

名古屋は、日本三大都市とも言われるのに、なぜか文学作品の舞台になりにくいらしく、村上春樹氏に言わせると、「物語性を拒否した場所(東京するめクラブ 地球のはぐれ方 p119)」とのことです。しかし、それを村上春樹氏自身の作品でくつがえしたのが、色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年でした。続きを読む
posted by nagoyasanpo at 19:47 | Comment(0) | 小説

2013年のベストセラー

※この記事には、ネタバレなどがあります。
「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」2013年の年間ベストセラーで総合1位になったという話題の作品です。発売当初、村上春樹が名古屋を舞台にした小説を書いたと聞いて、名古屋市民として気になっていましたが、手付かずでした。

モデルの高校は瑞陵高校?

最近、ネットで、「多崎つくる」のモデルになった高校が瑞陵高校ではないか、という書き込みを見て、関係者として、さっそく読んでみることになりました。続きを読む
タグ:瑞穂区
posted by nagoyasanpo at 18:56 | Comment(1) | 小説

名古屋を舞台にしたライトノベル

名古屋は、人口がそれなりにいるのに、なぜか文学作品の舞台になりにくい、という定説は、色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年で、村上春樹氏がくつがえしてくれました。ラノベも、もっと出てきて良いと思います。というわけで、名古屋を舞台にしたライトノベル「8番目のカフェテリアガール」を読みました。

あらすじ

「8番目のカフェテリアガール」は、味噌だらけの料理で味噌アレルギーになって東京に逃げ出した主人公「米田シロ」を、その妹で、味噌マニアの「なごの」が追いかけてきて、学食バトルを行う、というドタバタコメディです。 続きを読む
タグ:グルメ
posted by nagoyasanpo at 18:40 | Comment(0) | 小説
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。