「名古屋を歩く」へようこそ

サイトのトップページです

このホームページでは、名古屋市内の散策日記を中心に書いています。
写真付きで、市内の歴史や名所などを紹介していく予定です。
トップページ

管理人情報

名古屋市天白区在住。
ご連絡はこちら。ブログへのコメントもお気軽にどうぞ。

メール

投稿日:2015年06月07日

2013年のベストセラー

※この記事には、ネタバレなどがあります。
「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」2013年の年間ベストセラーで総合1位になったという話題の作品です。発売当初、村上春樹が名古屋を舞台にした小説を書いたと聞いて、名古屋市民として気になっていましたが、手付かずでした。

モデルの高校は瑞陵高校?

最近、ネットで、「多崎つくる」のモデルになった高校が瑞陵高校ではないか、という書き込みを見て、関係者として、さっそく読んでみることになりました。続きを読む
タグ:瑞穂区
posted by nagoyasanpo at 18:56 | Comment(1) | 小説

名古屋を舞台にしたライトノベル

名古屋は、人口がそれなりにいるのに、なぜか文学作品の舞台になりにくい、という定説は、色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年で、村上春樹氏がくつがえしてくれました。ラノベも、もっと出てきて良いと思います。というわけで、名古屋を舞台にしたライトノベル「8番目のカフェテリアガール」を読みました。

あらすじ

「8番目のカフェテリアガール」は、味噌だらけの料理で味噌アレルギーになって東京に逃げ出した主人公「米田シロ」を、その妹で、味噌マニアの「なごの」が追いかけてきて、学食バトルを行う、というドタバタコメディです。 続きを読む
タグ:グルメ
posted by nagoyasanpo at 18:40 | Comment(0) | 小説

投稿日:2015年04月02日

山崎川四季の道

瑞穂区山崎川の「山崎川四季の道」は、名古屋市内でも指折りの桜の名所です。 日本さくら名所100選にも選ばれています。

夜桜とライトアップ

見ごろの時期の1週間になると、ライトアップされます。
下記の写真のような夜桜を楽しめます。
ライトアップ続きを読む
posted by nagoyasanpo at 12:19 | Comment(2) | 花見

投稿日:2015年02月03日

先住民の信仰

ミシャグジと呼ばれる古い信仰があります。その正体は定かではなく、柳田國男によれば、大和民族に対する先住民の信仰だったとのこと。一説によれば縄文時代からあるともいわれます。諏訪大社の祀神でもあります。

リンク

名古屋市内にも分布

ミシャグジ信仰は、東日本一帯に広くに分布しており、名古屋市内にも分布しています。「名古屋街かど歴史散歩」という本やネット検索を利用して調べてみると、いくつか見つけることができました。 続きを読む
posted by nagoyasanpo at 12:11 | Comment(4) | 日記

投稿日:2015年01月31日

町並み保存地区が4ヶ所

名古屋市内は、街の発展や戦災の影響もあって、古い町並みが少なくなっています。そんな中で、古い町並みを残しているエリアもあり、町並み保存地区に指定されています。現在、市内には4ヶ所の町並み保存地区が指定されています。続きを読む
タグ:建築 西区 東区
posted by nagoyasanpo at 12:47 | Comment(2) | 散策コース

投稿日:2015年01月01日

ソメイヨシノ(サクラ)の木の本数

お花見シーズンはまだ先になりますが、名古屋市内の公園やお花見スポットのソメイヨシノ(サクラ)の本数を調べてみました。続きを読む
posted by nagoyasanpo at 22:00 | Comment(2) | 花見

投稿日:2014年12月19日

名古屋めしの歴史

最近メディアで話題になることが多い「名古屋めし」の年表を作ってみました(暫定版)。 こうしてみると、名古屋めしは意外と新しい文化のようです。 続きを読む
タグ:グルメ 土産
posted by nagoyasanpo at 20:22 | Comment(0) | 文化

投稿日:2014年10月01日

天白川や天白区の地名の由来を調べてみました。
地史関連の本を見ると、なぜ天白川と呼ばれるようになったかは、はっきりしています。ですが「天白」の語源そのものについては、一筋縄ではいかないようです。

天白川 続きを読む
posted by nagoyasanpo at 15:50 | Comment(0) | 地名

リンク集

トップページ用画像